裁判員制度,概要,目的

裁判員制度,概要,目的のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

裁判員制度,概要,目的

裁判員制度とは、国民の皆さん(衆議院議員の選挙権を有する20歳以上の人)が裁判員として、地方裁判所で行われる刑事裁判に参加し、被告人が有罪かどうか、また、有罪の場合はどのような刑にするのかを裁判官と裁判員で話し合い、一緒に決めるという制度です。
この裁判員制度の創設を内容とする「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」(裁判員法)が、平成16年5月21日に成立し、平成21年5月21日から裁判員制度が始まりました。

これまでの刑事裁判では、裁判官3人で行われていましたが、この裁判員制度では、原則として裁判官3人と裁判員6人が、一緒に刑事裁判に出席し、法廷で証人の話を聞いたり、証拠調べや弁論手続に立ち会った上で、評議・評決を行い、裁判長が判決を言い渡します。

どのような目的でこの裁判員制度が導入されたかについては、今まで裁判は法律のプロ(専門家)である裁判官や検察官、弁護士だけで行われていましたが、裁判員制度の導入で国民の皆さんが裁判員として参加することにより、法律の専門家ではない人たちの考えや質問・意見が裁判の進め方や内容に反映されることになります。その結果、裁判が身近に感じられ、国民の皆さんの司法に対する理解と信頼が深まることが期待されています。


スポンサードリンク

裁判員制度とは?の裁判員制度,概要,目的のリンクについて

裁判員制度とは?の裁判員制度,概要,目的のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。