裁判員裁判,対象事件

裁判員裁判,対象事件のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

裁判員裁判,対象事件

私たちが参加する裁判員裁判とは、一体どのような裁判で、どんな事件が対象なのでしょうか。
裁判員裁判では、地方裁判所で行われる刑事裁判のうち、殺人などの重い犯罪の刑事裁判が対象となっています。(刑事裁判の民事事件や少年審判等は裁判員制度の対象にはなりません。)

代表的な対象事件の例を挙げると、以下のような場合があります。

【1】殺人罪(人を殺害した場合)
【2】強盗致死傷罪(強盗で、人に怪我をさせたり、あるいは死亡させた場合)
【3】現住建造物等放火罪(人が住んでいる家や、人が居る建造物等に放火した場合)
【4】傷害致死罪(人の身体や物品を傷つけた場合)
【5】保護責任者遺棄致死罪(子供に食事を与えず放置して死亡させた場合)
【6】危険運転致死罪(ひどく酒に酔った状態で自動車を運転し、人を死亡させた場合)
【7】身代金目的誘拐罪(身代金を要求する目的で、人を誘拐した場合))

※但し、裁判員や親族に対して危害が加えられる恐れがあり、裁判員の関与が困難な事件については、対象事件から除外されます。

スポンサードリンク

裁判員制度とは?の裁判員裁判,対象事件のリンクについて

裁判員制度とは?の裁判員裁判,対象事件のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。