裁判員,選任手続後

裁判員,選任手続後のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

裁判員,選任手続後

裁判員に選ばれたら、一体どのような事をするのでしょうか。裁判員選任手続後、どのような事をするのかについてご紹介したいと思います。

【1】公判に出席する(公開)
裁判員に選ばれたら、裁判官と一緒に、刑事事件の審理(公判)に出席します。公判はできる限り連続して開かれます。
公判では、証拠として提出された書類などを取り調べるほか、証人や被告人に対する質問が行われます。その際、裁判員からも、証人等に質問することができます。

【2】評議、評決をする(非公開)
証拠に基づいて、被告人が有罪か無罪か、もし有罪だとしたらどのような刑にするべきかを、裁判官と一緒に話し合い(評議)、決定する(評決)ことになります。
評議を尽くしても、全員一致の結論が得られない場合、評決は、多数決により行われます。ただし、その多数意見には、裁判官1人以上の賛成が必要とされています。
有罪か無罪か、もし有罪の場合どのような刑にするかについての裁判員の意見は、裁判官と同じ扱いになりますので、とても重要です。

【3】判決を宣告する(公開)
評決内容が決まると、法廷で裁判長が判決を宣告します。
裁判員としてのする事は、判決の宣告により終了します。


スポンサードリンク

裁判員制度とは?の裁判員,選任手続後のリンクについて

裁判員制度とは?の裁判員,選任手続後のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。